商品販売における価格戦略の重要性

ブログ
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、皆さん。今日は商品販売における価格戦略についてお話ししたいと思います。これは実際に経験した人にしかわからない話です。

高めの価格設定のメリット

まず、高めの値段で商品を大量に並べ、少量を高く売るという戦略について考えてみましょう。この方法が正解である理由は簡単です。商品を安く売るということは、自分の時間を安く売ることと同義だからです。

平成の常識と現代の現実

平成の時代までは、たくさん売れて儲かることが幸せだとされていました。しかし、今の時代は違います。売れば売るほど赤字になりやすいのが現実です。日本の不景気の一因として、値下げ競争が挙げられます。値段ばかりを気にして、安く売ることが当たり前になっています。

昭和と平成の常識の違い

昭和の常識では、「汗水流して働くことは素晴らしい」とされていました。そして平成では、「忙しいことは良いことだ」という信念が広まりました。しかし、私はこれらの常識に騙されていました。今では、忙しさは体を壊すだけで、良いことは何もないと感じています。

実体験から学んだこと

実際に発送代行を利用してたくさんの商品を送りましたが、思ったほど儲かりませんでした。また、eBayで安めにたくさんの商品を売ってみましたが、手数料が高く、利益はあまり残りませんでした。

新しい戦略

だからこそ、私は大量に商品を陳列し、高めの価格設定をすることにしました。忘れた頃に売れるようにするのです。売れない間は、他のことに時間を使うことができます。この方法は、長期的に見て非常に有効だと感じています。

皆さんも一度試してみてはいかがでしょうか?忙しさに追われることなく、効率的に利益を上げる方法を見つけることができるかもしれません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました