Tiktokでビジネスアカウント作りました!

ブログ
この記事は約2分で読めます。

知っていれば、いつでも作れる。

個人事業主がTikTokでビジネスアカウントを作るにあたって、必要なもの。

  1. 開業届
  2. 屋号
  3. 営業許可番号

1番は、個人事業主になった証拠。

2番は、お店の名前。通称みたいなもの。

3番は、法人なら法人番号。

法人番号なんか、無い!

結論。マイナンバーを入力すればいい。少なくとも、私はそれで承認された。

どこかの誰かは、この程度の情報のために課金を要求しているようだ。

私は賛成できない。現代の情報は、生鮮食品と同じ。すぐ腐る。

機密や個人情報以外の自分の情報は、派手にばら撒いて世界を幸せにしよう。

海外の業者を相手にしていると、気がつくことが多い。

現在では貼っていないが、以前は海外のアフィリエイト広告をこのサイトに貼っていた。

そのために、税金関係の書類をデジタルで入力するように求められた。

この書類によく似た、意味不明な番号を求められた。この番号は、日本ではマイナンバーだった。

個人情報なんか

プロが本気になれば、いつでも、幾つでも、何個でも取れる。

今更、怖がってどうする。あなたは、お遊びじゃなくてビジネスがやりたいんだろ?

お遊びなら、今すぐやめてしまえ。

自分で考えて、閃く幸せ。

開業届に書かれた番号は、自分の携帯番号、郵便番号、マイナンバーだけ。

マイナンバーは税金関係の手続きのために、私自身や屋号と紐づいている。

それを考えれば、すぐにマイナンバーだときがついた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました